System

なぜインプラントはシステム全体で使うべきなのか?

システムを包括的に使うことで、課題解決に向けて結果をより良くすることができるからです。

  • 個々の患者の生体力学的(大腿骨と寛骨臼の位置)を変えず、オフセットを維持した状態で再建できるため、骨質が変化しません。
  • 従来型ポリエチレンがvitamysへ改良されたことにより、1年あたりの摩耗を0.05 mm未満に減少させることが可能になりました(ビタミンEはポリエチレンの劣化を遅らせます)。
  • 摺動面をより最適にする医療用セラミックを更に開発。
optimys – RM Pressfit vitamys – ceramys

optimys

01

個々の患者に合わせた解決策

optimys は、患者特有な解剖の構造に合わせて再建できるよう開発されました。optimysで再建する際、構造として最も重要なのは大腿骨頸部です。回転中心やオフセットは、大腿骨頸部が内反しているか外反しているかという元々の状態とは関係なく、独立して維持されます。

個々の解剖に合わせてショートステムを使って再建することにより、骨に対する荷重をより分散させ、応力遮蔽を減らすことができます。 

optimysの簡単な説明 

臨床に叶ったカーブ

  • 個々の解剖を適切に再建 2,3,8,9

トリプルテーパーとCaPコーティング

  • 良好な一次安定性を獲得することで、沈下のリスクを低減 1
  • 骨へのインテグレーションを改善することで、迅速な二次的安定性を獲得 4,5,6
  • 良い短期間の結果 7

カーブしたデザイン

  • できる限り骨を温存 8,9,10
  • より生理的な近位大腿骨の緊張パターンを再現 1

最新のODEPレーティングはこちらまで www.odep.org.uk

References

1 Bieger R.I., A.;Reichel, H.;Durselen, L. Biomechanics of a short stem: In vitro primary stability and stress shielding of a conservative cementless hip stem. J Orthop Res, 2013. 31(8): p. 1180-6.

2 Kutzner K.P., Kovacevic M.P., Roeder C., Rehbein P., et al. Reconstruction of femoro-acetabular offsets using a short-stem. Int Orthop, 2015. 39(7): p. 1269-75.

3 Kutzner KP,Freitag T, Donner S, Kovacevic MP,·Bieger R et al Outcome of extensive varus and valgus stem alignment in short stem THA: clinical and radiological analysis using EBRA-FCA. Arch Orthop Trauma Surg, DOI 10.1007/s00402-017-2640-z

4 Overgaard S. Calcium phosphate coatings for fixation of bone implants: Evaluated mechanically and histologically by stereological methods. Acta Orthopaedica Scandinavica, 2000. 71(6): p. 1-74.

5
Kutzner K.P., Pfeil D., Kovacevic M.P., Rehbein P., et al. Radiographic alterations in short-stem total hip arthroplasty: a 2-year follow-up study of 216 cases. Hip Int, 2016. 26(3): p. 278-83.

6
Szmukler-Moncler S., Perrin D., Ahossi V., Pointaire P. Evaluation of BONIT®, a fully Resorbable CaP Coating Obtained by Electrochemical Deposition, after 6 Weeks of Healing: A Pilot study in the Pig Maxilla. Key Eng Mater, 2001. 192-195: p. 395-398

7 5A* rating for optimys (ODEP)

8
Jerosch J. Kurzschaftendoprothesen an der Hüfte. 2017: Springer. 315

9
Kutzner K.P., Donner S., Schneider M., Pfeil J., et al. One-stage bilateral implantation of a calcar-guided short-stem in total hip arthroplasty. Operative Orthopädie und Traumatologie, 2017: p. 1-13.

10
Hochreiter J., Hejkrlik W., Emmanuel K., Hitzl W., et al. Blood loss and transfusion rate in short stem hip arthroplasty. A comparative study. Int Orthop, 2016.

RM_Pressfit_CAD

RM Pressfit vitamys

02

臨床的根拠に基づくイノベーション

ロバート・マチス氏は、標準的なポリエチレンカップ、チタンRMカップ、及び人の骨のIsoelasticity・等弾力性を説明した最初の人物です。2009年に耐摩耗性がさらに改善されたvitamysが導入されたことにより、ポリエチレンの酸化が減り、長期的な骨溶解は実質的になくなりました。

RM プレスフィットカップの簡単な説明

Isoelasticity等弾力性

  • 弾性を利用して骨温存を可能に 1,3
  • モノブロックデザインでバックサイドウエアを解消 1,4
  • ニュージーランドのレジストリーにより、 RMクラシックとRMプレスフィットの再置換率は、その他の非セメント固定用カップの平均値と比較して、低いことが示されている 10
  • RMの哲学を基に得られた優れた中長期臨床データ7,8,9

vitamys

  • vitamysの摩耗率はin vitroで、標準的なUHMWPE(超高分子ポリエチレン)の80%未満、または、in vivoで65%以下に 2,5,6
  • In vitro試験で、長期的な耐酸化性、そして経年化処理後でも抵抗力が高いことが証明。 2

最新のODEPレーティングはこちらまで www.odep.org.uk

References

1 Ihle M., Mai S., Pfluger D., Siebert W. The results of the titanium-coated RM acetabular component at 20 years: a long-term follow-up of an uncemented primary total hip replacement. J Bone Joint Surg Br, 2008. 90(10): p. 1284-90.

2 Beck M., Delfosse D., Lerf R., Becker R., et al. Oxidation Prevention with Vitamin E in a HXLPE Isoelastic Monoblock Pressfit Cup: Preliminary Results, in Total Hip Arthroplasty, K. Knahr, Editor. 2012, Springer Berlin Heidelberg. p. 21-31.

3 Kastius A., Schoeniger R., Beck M. Acetabular osseointegration and bone density one year after RM Pressfit vitamys cup implantation, in SGOT. 2012: Basel, Switzerland.

4 Halma J.J., Eshuis R., Vogely H.C., van Gaalen S.M., et al. An uncemented iso-elastic monoblock acetabular component: preliminary results. J Arthroplasty, 2015. 30(4): p. 615-21.

5 Scemama C., Anract P., Dumaine V., Babinet A., et al. Does vitamin E-blended polyethylene reduce wear in primary total hip arthroplasty: a blinded randomised clinical trial. Int Orthop, 2016.

6 Data on File at Mathys Ltd Bettlach

7 10A* rating for RM Classic (ODEP)

8 10A* rating for RM Pressfit (ODEP)

9 7A* rating for RM Pressfit vitamys (ODEP)

10 The New Zealand Joint Registry – Eighteen year report January 1999 to December 2016 (NZJR)

ceramys

03

セラミックの真珠

医療用セラミックスの品質向上と、表面湿潤性の向上により、セラミックonセラミックの摺動面は、摩耗を実質的に無くし、従来型PEと比べて摩耗を10分の1に減らしました。摩耗に関するセラミックonセラミックのメリットは、しかしながらメタルシェル使用の必要性から相殺され、その結果、応力遮蔽が悪化しました。従って現在マチス社は、最適な解決策として、ハードonソフトの組み合わ、すなわち、ceramysヘッドとRMプレスフィット用vitamys(ビタミンEで安定化させた高度にクロスリンクされたPE)を推奨しています。

ceramysの簡単な説明

高い安全性

  • 破損に対する優れた抵抗力 1
  • セラミックonセラミックの組み合わせでは、インレーのチッピング(欠け)リスクが低い 2,3

スクイーキングリスク減少

  • 反復性亜脱臼が生じても、表面が荒くなるリスクが低い 2,3

優れたエージングに対する抵抗力

  • 破裂強度と摩耗は、加速経年処理をした後でも殆ど変わらなかった 4
References

1 Al-Hajjar M, Jennings LM, Begand S, Oberbach T, Delfosse D, Fisher J et al. Wear of novel ceramic-on-ceramic bearings under adverse and clinically relevant hip simulator conditions. Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2013 Nov;101(8)

2 Data on File at Mathys Ltd Bettlach

3
Oberbach T., Begand S., Glien W., Kaddick C. Luxation Test of Different Ceramic on Ceramic Coupling. Key Eng Mater, 2007. 330-332: p. 1235-1238.

4
Begand S.O., T;Glien, W. ATZ – A new material with a high potential in joint replacement Key Eng Mater, 2005. 284-286: p.;983-986.

chsha V1-2.30.010-01_VARIA

QUESTIONS?

04

個々の製品について、あるいはシステム全体や当社の解剖学ワークショップについて、ご質問をお寄せください。喜んでお答えいたします。

Christian Hein

Disclaimer

Our download centre contains all documents and information available on the website. A filter search can speed up and narrow down your search.

Please note that our General Terms and Conditions of Use apply to all downloads.